人の行く裏に道あり花の山

ブルーオーシャン戦略

ナンパに目覚めるぞ

僕は20代前半で未だに童貞だ。

事情は色々あるが結局は言い訳でしかない。それは認める。つまり現状では敗者だ。

しかし、彼女を作って、デートで旅行行ったりしてまったりしたい欲は皆無だ。なぜならCSRが悪すぎるからだ。CSRとはCost to Sex Ratio、つまりセックスにかかるコストのことだ。主に時間とお金のことだ。

僕が目指しているのは、最小のコスト(時間、お金)で最大の結果(可愛い女の子とセックスする)を得ることである。それを可能にするには街にいる綺麗な女の人に片っ端から声をかけて、そのうちの何人かと連絡先交換して後日デートからのセックスする、もしくはそのままご飯やお茶に連れ出しうまくラポール形成して、ホテルに誘ってゴールみたいな戦略を取るしかないという結論に至った。そう、いわゆるナンパである。

ここまで読んで読者の皆さんは童貞が何ほざいてんだ、理想が高すぎる。ヤリチンでもこれはハードルが高いぞ、と思っているだろう。まさしく仰る通りである。しかし、だ。僕は普通であることが本当に嫌いな性分なのである。やるんだったら徹底的にやる。やらないっだったらやらない。だからこの方法しかないと思っている。じゃあ実際はどうなんだっていうと、今のところ声掛けがまともに出来ない。そう、皆さんの想像通りな状況である。しかしここで諦めることはしない。絶対にしたくない。この壁を超えられるかどうかが僕の人生を左右すると言っても過言ではない。

ここで僕のスペックを軽く紹介すると、顔は中の中くらいでファッションセンスは上の下(綺麗目で女ウケよし)だと自負している。

しかし童貞だし、トークもあんまり面白く無いし、そもそもいきなりなんて話かければいんだみたいな言い訳が次々と頭の中を支配するがために全く声がかけれない。2時間で声かけ数ゼロとかもザラ。いつも何やってんだ、俺。こんなにプライドだけが高い使えない人間なのかという自己嫌悪に陥る始末。

初めからうまくいくはずはないし、今は経験値を積んで失敗パターンを研究、そして次回以降にそれを生かし成功確率を徐々に高めていく段階であると頭では完璧に理解しているが、いざ行動に移すとなると最初の一声が掛けられない。無視されて傷つくのがこわい、ダサい姿を通行人に見られたくない、というつまらないプライドがやはり邪魔をする。

これを断ち切るためにはいくつかテンプレ作ってそれを伝えられたらおっけいにする、とりあえず最低10人には声かけするなどと目標のレベルを下げることしかないと思う。後、ガンシカされても成長はしているというマインドセットを忘れないこと。しばらくはこの方法で頑張ってみようと思う。

またそのうち成長度合いを報告しようと思う。乞うご期待。